お金借りる 行政

行政(市役所や区役所)でお金を借りる場合

お金に困った時、低金利で貸してもらうことが出来るのが行政が行っている公的機関の貸付サービスです。市役所や区役所にあるのが社会福祉資金貸付制度です。この制度は都道府県にある社会福祉協議会が提供している貸付制度ですので、申込は社会福祉協議会で受け付けています。制度を利用できるのは銀行や消費者金融から借り入れが難しい低所得世帯、高齢者世帯、障害者世帯です。金利がありますが金融機関と比較しても安く、連帯保証人がいるのなら無利子になります。

 

一時的にお金に困ってしまって小額の貸付を必要とする時には緊急小口資金貸し付けもあります。これは連帯保証人不要、無利子で10万円まで貸してくれます。急に支出が増えたせいで、一時的に生活に困窮している場合に適用となります。

 

公的機関の融資というのは、金融機関の融資とは違い収入がない状態での貸付も可能なのが特徴です。もし無職でもハローワークなどに通い現在積極的に仕事を探しており、失業保険の給付を受けていなければ借りることはできます。ただし生活に困窮していても審査に通過するとは限らなく、失業していても働く気のない人、消費者金融などで借金を作っている人などは状況によってはアドバイスだけで終ることもあります。

page top